プロジェクト一覧
  • ロボット工作
  • ロボット部
  • サイエンス部
  • 玉川学園高学年情報科
  • 機械情報PBL
  • ロボカップ@home
  • 脳とロボット展
  • ロボカップ@home camp

TRCP-HOME > ロボット部 > 活動レポート・活動実績 > 詳細

ロボット部:レゴマインドストームによるロボット製作でロボット技術とプログラミングを身につける

活動レポート・活動実績

10年生チーム、関東大会優勝
8年生チーム、全国大会チームに選抜

2014年12月

一覧に戻る

写真10年生チーム、関東大会優勝

ロボカップジュニア関東ブロック大会サッカーライトウェイト部門で優勝、同時にベストプレゼンテーション賞を受賞しました。
11月の神奈川・西東京ノード大会を準優勝で勝ち抜いた10年生4名のチーム「TRCP」が、関東大会では全勝優勝を飾りました。ノード大会ではロボットの完成度が低く、2勝2敗ときわどい試合展開でした。昨年度はロボットサッカー大会で全国優勝を成し遂げたチームですが、今年度はカテゴリーを1つあげ、新たなサッカー競技コートでの挑戦でした。一番の特徴は、コート内にある白線をロボットが越えてはならない、というルールです。ボールは白線の外側に転がり出るが、それを追尾するロボットは白線から出てはならない。これが以外と難しく、関東大会では成功させるためにセンサーの種類、取り付け位置、プログラム等の調整が繰り返し行われました。
改良点のもう一つは、プリント基板です。ノード大会前には用意できていたのですが、搭載は今回が初めてでした。これにより大幅に軽量化できたことで、キッカーの搭載も可能になりました。残念ながらキッカー板は試合中に破損してしまい、全国大会までの課題となりました。
プリント基板や、白線検知用センサー、キッカーなど、今年の大会に向け準備してきたパーツを全て搭載できたことから、プレゼンテーションシート作りにも熱が入りました。情報を細かく説明し、かつ初心者にもわかりやすいことを意識して作り上げたA1サイズのポスターは、ベストプレゼンテーション賞に選ばれました。

写真8年生チーム、全国大会に選抜

ファーストレゴリーグ東日本第2ブロック大会に、8年生4人チーム「玉川学園Mountain Sky」が出場し、58チーム中26チームに与えられた全国大会出場権を獲得しました。
今年の大会テーマは、"World Class"、未来の教育について選手たちに考えさせる内容です。数年間のロボット歴を持つメンバーによる、複数のカラーセンサーを使用した精密な姿勢制御プログラムがチームの自慢です。当日も練習通り正確に動作しました。また、FLL初参戦のメンバーもミッション3つを一度に攻略するアタッチメントを作り上げ、最も得点を挙げました。優勝チームと比べると得点は低いものの、予定した得点をほぼ獲得できたことは、ロボット作りとしては大きな成果と言えます。FLLの特徴であるプレゼンテーションを専門に担当するメンバーがいたことも、これまでの玉川チームにない特徴でした。PowerPointを上手に用いた発表は審査員に好感を持ってもらったようです。

今後の大会予定

平成27年2月15日(日) ファーストレゴリーグジャパンオープン 東京工業大学にて
平成27年3月26日(木)〜28日(土) ロボカップジュニアジャパンオープン ベイコム総合体育館(尼崎)にて

一覧に戻る このページの上に戻る