プロジェクト一覧
  • ロボット工作
  • ロボット部
  • サイエンス部
  • 玉川学園高学年情報科
  • 機械情報PBL
  • ロボカップ@home
  • 脳とロボット展
  • ロボカップ@home camp

TRCP-HOME > ロボット部 > 活動レポート・活動実績 > 詳細

ロボット部:レゴマインドストームによるロボット製作でロボット技術とプログラミングを身につける

活動レポート・活動実績

TRCPチーム、全国大会で優秀プレゼンテーション賞
2015年4月

一覧に戻る

10年生チーム「TRCP」が、「ロボカップジュニアジャパンオープン2015尼崎大会」に出場し、「優秀プレゼンテーション賞」を受賞しました。ロボット競技としては全国ベスト16の成績でした。
彼らは2年連続のジャパンオープン(全国大会のこと)出場となり、昨年のサッカー独自リーグ優勝から、カテゴリーを一つ上げてサッカーライトウェイトセカンダリ部門に挑戦です。神奈川・西東京ノード大会準優勝、関東大会優勝と勝ち進んでジャパンオープンとなりました。

3月26日:午後2時〜7時半まで調整会。パドックで作業開始後間もなく、「先生、センサーを忘れてきました。」1人がバスでホテルまで一往復する羽目に。ハンダ作業場所の準備が出来たのが5時だったため、待機時間が長かったのですが、まずまず納得のいく状態になり、安心して退館。

3月27日:朝のロビー集合の時のこと、1人が言いました。「おい、ロボットは?」担当生徒が部屋に忘れて置き忘れるハプニング。会場での試走は前日と変わらず順調でした。ところが第1試合まであと30分程になった頃、パドックではPCの再起動を何度も行うなど様子が変です。そこにピンチを聞きつけたレスキュー部門で出場している玉川学園高等部3年生が助けに来てくれました。
後から聞いてみると、急にダウンロードができなくなったとのこと。3年生のアドバイスで、ケーブル類をすべて抜いてみたところ、ダウンロードに成功し、次はどのセンサーがショートしているか確認作業に入ったのですが、センサーは30個近くあります。とうとう第1試合には間に合わず、1台だけでの戦いとなりました。しかもあたふたしているうちに試合開始に遅刻!残念な1点を失い、後半で追い上げたものの1点差で敗れました。
残り3試合はすべて勝ち、翌日の決勝リーグ対戦表に名前が乗りました。対戦表が発表されるまでの数時間、選手たちは強豪チームにじっくりと教えを乞いに行き、非常に刺激を受けるとともに、雲の上の世界を垣間見たようです。
危機を救ってくれた3年生の先輩には心から感謝しています。

3月28日:最終日です。朝の試走も問題なし。 ところが、決勝リーグ第1試合開始直後、相手チームから抗議が入りました。規定違反の青色を出すダイオードをうちが使っている、というものでした。昨日今日とも車検を通っているとは言え、確かに違反です。相手チームは抗議をした上で、光を遮るアルミテープをわざわざ取ってきてくれました。ありがたくお借りしたのですが、アルミテープを貼る際にうっかり電極に触れさせたため、動かなくなってしまいました。2台対1台の試合のため、点差は大きく開きましたが、残り1台のディフェンスは見事なものであった上に、空気圧を利用したキッカーで3点も獲得する活躍ぶりでした。
閉会式で「優秀プレゼンテーション賞、TRCPチーム」と発表があり、一人1枚ずつ用意された表彰状をいただきました。関東大会に続き2度目のプレゼンテーション賞となりました。

2016年に向け、選手たちはすでに新しいアイディアを考え始め、今回知り合いになったチームの学校に見学に行く約束もできたそうです。新年度に期待です。


一覧に戻る このページの上に戻る